離婚の種類と流れ

離婚の種類と流れについて

知っているようで知らない、
わかっているようで、わかっていない
離婚の大きな流れは下記のようになります。

 

そして、離婚の方法には状況に応じて
6つの方法があります。

 

いきなり裁判ではなく、
最初は夫婦双方の話合いから始まります。

 

で、夫婦の話合いがうまくいかなかった場合に
調停や審判、裁判へと移っていくことになります。

協議離婚〜裁判離婚までの流れ

1.夫婦双方で話合いをします。
  ↓
 夫婦双方が離婚に合意
  ↓
 離婚届を提出
  ↓
 受 理
  ↓
 協議離婚成立 

 

2.夫婦双方の話合いでは合意できず、離婚調停申立て
  ↓
 調停により離婚に合意
  ↓
 調停離婚成立

 

3.離婚調停ではわずかな食い違いで合意ができなかった
  ↓
 裁判所の審判
  ↓
 裁判所の職権により離婚を成立させる
  ↓
 審判離婚成立

 

4.離婚調停が不成立だったり、審判に異議申し立てをした場合
  ↓
 離婚訴訟提起
  ↓
 判 決
  ↓
 原告が勝訴した場合
  ↓
 裁判離婚成立
  *離婚裁判の判決に不服がある場合は、
   高等裁判所、最高裁判所へと裁判は移る

 

  裁判離婚の途中で
  @訴訟を起こされた側が、起こした側の言い分を
   全面的に受け入れた場合
    ↓
   認諾離婚成立
  A双方の歩み寄りにより和解した場合
    ↓
   和解離婚成立

スポンサードリンク


離婚の6つの種類と流れについて協議離婚から裁判離婚までの概要を説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚の種類と流れについて