離婚後にすること

 

離婚後に必要な手続きについて

小さな赤いリストマーク 名義変更手続き
小さな赤いリストマーク 健康保険と年金手続き
小さな赤いリストマーク 住所や姓変更による手続き
小さな赤いリストマーク 住所が変わらない場合の手続き
小さな赤いリストマーク 子供がいる場合の手続き

 

          等があります。
          詳しくは次ページより説明していきます。

スポンサードリンク

離婚後にすることについて

名義変更の手続について
財産分与で土地や建物などの不動産を取得した場合は、すみやかに「所有権移転登記」という名義変更を行います。また、一方の名義で借りていたマンションや借家、借地に離婚する一方ガそのまま住み続ける場合にも名義変更の手続を行います。他にも電話の加入権や自動車を受取った場合にも名義変更の手続が必要になります。
健康保険と年金の手続について
夫の勤務先の健康保険に夫の扶養家族として加入していた場合には、離婚後は国民年金保険に加入しなければなりません。(市区町村役所で加入手続きをします)離婚の際に転居する場合には、転入届と同時に転居左記の市区町村役所で加入手続きをします。加入後は毎月、自分で健康保険料を納めることになり、その金額は毎年の収入額により決定されます。 国民年金の第三号被保険者から離婚後に第1号被保険者になる場合には国民年金の種別変更をしなければなりません。      第三号被保険者         会社員や公務員などに扶...
住所や姓の変更による手続について
転出・転入届 運転免許証・パスポートなどの書換え、変更 郵便局への郵便物転送届 印鑑登録 銀行・郵便局・証券会社などへの届出 生命保険会社・損害保険会社などへの届出 クレジットカード会社への届出住所が変わらない場合の手続  離婚後に離婚前と同じところに住み続ける場合、水道・電気・ガスなどの契約が  一方の名義であれば、自分の名義に変更の手続をしなければなりません。
子供がいる場合の手続について
小中学生の子供がいる場合で転入学をする場合には、住民票の異動手続と一緒に  転入学の手続が必要です。 子供を自分の健康保険に加入させる場合には手続が必要です。   *離婚後に自分の被扶養者として健康保険に加入させる場合、    「資格喪失証明書」発行を依頼し、勤務先の健康保険や国民年金保険に    異動届を提出します。 被扶養者の条件にあてはまり、離婚後も父親の承諾が得られれば、母親が子供を 引き取った場合でも、子供を父親の健康保険に入れておくことができます。

離婚後に必要な手続きや、一人親家庭となった方たちへの支援制度や優遇制度について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚後にすることについて