親権者を決定する裁判所の判断基準

親権者を決定する裁判所の判断基準について

親権者の決定には、子供の利益や福祉を基準に判断され、夫婦どちらを親権者としたら
子供は幸せになれるのか!ということが判断の基準となります。
 赤い小さなリストマーク 子供の現在の状態を尊重し、特に問題がない限り、現実に子供を監護教育している
   親が優先されます。
 赤い小さなリストマーク 乳幼児の場合には、特に問題がない限り母親が優先されます。
 赤い小さなリストマーク> 母親が有責配偶者だとしても、親権者に指定されることもあります。

 

親権者と子供の年齢について

  赤い小さなリストマーク 胎児
    ⇒ 原則、母親が親権者になります。(出生後、父親に変更することも可能)
  赤い小さなリストマーク 0歳〜 10歳未満
    ⇒ 乳幼児期には、母親の世話や愛情が必要と考えられるので、母親が
      親権者になる例が多い。
  赤い小さなリストマーク 10歳〜 15歳未満
    ⇒ 母親が親権者になる場合が多いが、子供の精神的、肉体的な発育状況や
      子供の意思を尊重する取扱がなされます。
  赤い小さなリストマーク 15歳〜 20歳
    ⇒ 子供が自分で判断できるので、子供の意見を聞かなければならず、
      子供の意見を尊重します。
  赤い小さなリストマーク 20歳以上

    ⇒ 成人なので親権者は必要ありません。

スポンサードリンク


親権者を決定する裁判所の判断基準はどこにあるのか?について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

親権者を決定する裁判所の判断基準について