親権

親権とは

「身上監護権」と「財産管理権」とに分類されます。

身上監護権とは?

  子供が一人前になるように、衣食住などの身の回りの世話をしたり、躾、教育をする
  義務と権利のことをいいます。

財産管理権とは?

  子供に財産があれば財産を管理する能力のない子供に代わって管理し、
  契約、訴訟など法的な行為の代理人になる義務と権利のことをいいます。

 

緑の鉛筆マークこの2つの制度は 子供のための制度であり、親のためにある権利では
   ありません。   特に問題がなければ、2つの制度を切り離すことはありませんが、
   近年少子化の影響もあり、夫婦に夫婦の祖父母も加わり問題解決を
   長引かせてしまうことがあります。
   そういった場合には、「身上監護権」の部分を親権から切り離して、
   親権者ではない親が子供を引き取り、監護者として子供の衣食住などの
   身の回りの世話や、躾、教育を行うことになります。
   なのでこういった場合の親権は、「財産管理権」は親権者が単独で行使し、
   「身上監護権」については親権者と監護者双方共同で行使することになります。

離婚,親権,監護者,身上監護権,財産管理権

スポンサードリンク

親権について

子供が複数いる場合の親権について
未成年の子供が二人以上いる時には、それぞれの親権者を決めなければなりません。子供が乳幼児の場合は、特に問題がない限り母親が優先される場合が多いです。原則は一方の親が全員の親権者になるのが望ましいのですが、子供がある程度の年齢に達している場合には、さまざまの事情を汲み取って、親権を父と母、別々にすることもあります。
別居中に離婚した場合の親権について
育児放棄というような問題が特にない限りは、子供のことを最優先に考えるという意味で考えると、そのままの生活環境を維持するほうが好ましいので、実際に子供と生活している親が優先されます。
母親が妊娠中に離婚した場合の親権について
子供が生まれる前、つまり妊娠中に離婚した場合は、母親が親権者になります。何故か?というと…共同で親権を行使していた場合にのみ、離婚によってどちらか一方に親権者を決める必要がありますが、妊娠中ということでまだ共同で親権を行使しているということにならない為です。  *ただし、出産後に協議によって親権者を父親に変更することが可能となります。
親権についての話合いがつかない場合について
家庭裁判所の調停で決めることになります。  ・離婚調停とともに、親権者の指定を申立てる。  ・親権だけの調停を申立てる。 調停では決まらなかった場合  手続は審判へと移行します。  審判では審判離婚と同じように家庭裁判所が職権で手続を進め、調査官が  事実調査をし、子供の家庭環境について調べ、当事者双方の審理の後に  審判が下されます。   *裁判離婚の場合には、裁判所が父母の一方を親権者と定めます。
監護者についての話合いがつかない場合について
「子の監護者指定の調停」を申立て、親権について話し合いがつかない場合と同じように手続がなされます。
親権者を決定する裁判所の判断基準について
親権者の決定には、子供の利益や福祉を基準に判断され、夫婦どちらを親権者としたら子供は幸せになれるのか!ということが判断の基準となります。  子供の現在の状態を尊重し、特に問題がない限り、現実に子供を監護教育している   親が優先されます。  乳幼児の場合には、特に問題がない限り母親が優先されます。 > 母親が有責配偶者だとしても、親権者に指定されることもあります。親権者と子供の年齢について   胎児    ⇒ 原則、母親が親権者になります。(出生後、父親に変更することも可能)   0歳〜 10歳...

親権について詳しく説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

親権について