協議離婚の不受理申請

協議離婚の不受理申請について

感情的になってつい離婚届に判を押したり、一度は夫婦間で離婚することに合意し
離婚届を作成した後に、夫婦の一方が離婚を思い直したり、また離婚ということに
合意があっても、慰謝料・養育費等々の話し合いができていないのにも関わらず、
夫婦の一方が勝手に離婚届を偽造して役所に離婚届を提出する!という
おそれがある場合に「離婚届の不受理申出」を行います。

 

勝手に離婚届を出されたということであっても、そのことを白紙撤回しようと
すれば「協議離婚無効確認」という調停手続が必要になります。

 

なので、もし上記のようなことが懸念されるのであれば、
「離婚届の不受理申出」を申請しておくことによって、
一方に無断で他方が離婚届を提出したとしても、
その離婚届を無効にすることができます。

 

なお、不受理の取扱期間は申出を提出した日から6ヶ月間となります。

 

6ヶ月を過ぎると自動的に効力はなくなるので、
延長したい場合はあたらめて申出書を提出しなければなりません。

手続先

・夫婦の本籍地の市区町村役所

手続方法

・「不受理申出書」に提出者本人が記入し、署名捺印する

不受理申出の有効期間内に離婚が成立した場合

・「不受理申出書取下書」を提出した後に、「離婚届」を提出すれば受理されます。

離婚,協議離婚,不受理申請,離婚届の不受理申出

スポンサードリンク


協議離婚の不受理申請について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

協議離婚の不受理申請について