母子家庭対象の「母子福祉資金の貸付制度」

母子福祉資金の貸付制度とは

赤い小さなリストマーク 自治体で行われている制度で、満20歳未満の子供を養育している母子家庭の
 母親が就労や児童の就学などで資金が必要になった時に、都道府県、指定都市又は
 中核市から貸付を受けられる資金のことです。
赤い小さなリストマーク 母子福祉資金貸付金には、修学資金・事業開始資金・生活資金など合計13種類
 あります。
赤い小さなリストマーク 資金を借りる際に保証人が必要ですが、利率は資金の種類により無利子の場合と
 3%の場合があります。
赤い小さなリストマーク 償還(返済)期限については、資金の種類により、3年間〜20年間までと
 なっています。

 

黄緑鉛筆マーク 従来、貸付に際しては連帯保証人が必要であり、貸付利率は貸付資金の種類により
利子が3%又は無利子となっていたが、平成21年度補正予算において、連帯保証人がいる場合の貸付けの貸付利率を無利子とするとともに、連帯保証人がいない場合について有利子(貸付利率1.5%)による貸付けが可能とされた。
また、技能習得資金、修業資金等の知識技能の習得に係る貸付けについて、貸付期間を最大3年間から最大5年間に延長することとされた。

貸付を受けるには

貸付の対象となるのは?

   赤い小さなリストマーク 父母が離婚した児童
   赤い小さなリストマーク 父親の死亡
   赤い小さなリストマーク 父親の生死不明
   赤い小さなリストマーク 父親により1年以上遺棄された状態にある
   赤い小さなリストマーク 未婚の母親の子供

 

申請先と申請方法

   住所地を管轄している保険福祉事務所及び市の福祉事務所に家計の状況が
   わかるもの、経費の見積書など資金によって異なるので担当窓口に
   問い合わせをしてください。

 

貸付の限度額・返済期間について

   貸付限度額や返済期間については、資金の種類によって異なります。

 

貸付の申し込み規定

   融資を申込む都道府県に6ヶ月以上続けて居住し、同一都道府県内に
   居住している連帯保証人が必要となります。

 

償還(返済)について

   貸付を申請する際に、償還計画をたてますが、資金によって償還期間が異なります。
   資金によって据え置き期間が異なり、貸付後6ヶ月から償還が始まる資金も
   あります。
   支払い方法は口座引き落しになり、納期限までに支払われない場合には違約金が
   発生します。
    赤い小さなリストマーク 申請書が提出されてから振込まで1ヶ月〜2ヶ月(事業関係資金の場合は
      3ヶ月)かかるので、余裕を持って相談に行くようにしてください。
    赤い小さなリストマーク 貸付が可能かどうか事前に相談を行ってください。
    赤い小さなリストマーク 借財の返済など、資金目的外への利用が明らかになった場合や事実と異なる
      申請をしたことが明らかになった場合などは、開始時点にさかのぼって
      貸付を停止すると共に返還金が生じることになります。

貸付金の種類(以下の物については、無利子での貸付となります)

事業開始資金

   赤い小さなリストマーク 事業を開始するのに必要な設備・機械購入費などの貸付

事業継続資金

   赤い小さなリストマーク 事業を継続するために必要な運転資金の貸付

修学資金

   赤い小さなリストマーク 高等学校・大学・高等専門学校等に修学するために必要な授業料・教科書代・
    通学費等の貸付

就学支度資金

   赤い小さなリストマーク 就学・就業するために必要な被服費等の貸付

技能習得資金

   赤い小さなリストマーク 母子家庭の母及び寡婦等が就職するためなどに必要な知識技術を
    習得するための経費(高等学校に就学する場合も含む)の貸付

修業資金

   赤い小さなリストマーク 母子家庭の母が扶養する児童、父母のない児童、寡婦が扶養する児童が
    就職する為などに必要な知識技能を習得するための経費の貸付

就職支度資金

   赤い小さなリストマーク 就職するために必要な被服費などの貸付

医療介護資金

   赤い小さなリストマーク 医療又は介護を受けるために必要な経費の貸付

生活資金

   赤い小さなリストマーク 知識技能を習得している間、医療介護資金の貸付を受けている間、
    母子家庭となった直後で、生活を安定・継続する間、失業中の生活を安定させる
    間に必要な生活費の一部補助

住宅資金

   赤い小さなリストマーク 住宅の建設・購入・補修・改築等の経費の貸付

転宅資金

   赤い小さなリストマーク 住宅を移転するための賃借などに必要な経費の貸付

結婚資金

   赤い小さなリストマーク 母子家庭の児童及び寡婦が養育する子が婚姻する際に必要な経費の貸付

 

詳細については厚生労働省の4章 自立を促進するための経済的支援策等 第2節 母子福祉資金貸付金を参照してください。
  * 償 還:年賦、半年賦、月賦いずれも可能で繰上償還もいつでもできる。
   違約金:年賦、半年賦、月賦いずれの場合でも、その指定日に償還されなかった
   時は、その翌日から納入した当日までの日数を計算し、元利金につき年10.75%の
   違約金が徴収される。

 

 

 

 

緊急小口資金の融資について

災害・病気・就職・結婚などで、緊急に資金が必要になった場合に小額の資金を無利子で
貸す制度を設けている自治体もあります。

スポンサードリンク


母子家庭対象の「母子福祉資金の貸付制度」について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

母子家庭対象の「母子福祉資金の貸付制度」について