一人親家庭の優遇制度の内容

一人親家庭の優遇制度の内容について

医療費助成制度

  満18歳(18歳に達した日の属する年度の末日)までの子供(中程度の障害がある
  場合には満20歳未満)を持つ一人親家庭の親と子供の保険診療費のうち、
  自己負担分の助成が受けられます。但し、所得制限があります。

 

所得税・住民税の軽減

  所得税には寡婦控除(母子家庭対象)、寡夫控除(父子家庭対象・所得制限あり)
  の方で一定の要件に当てはまる場合は、申告により所得税・住民税の課税対象となる
  所得金額から一定額を差し引くことができます。
  給与所得者は勤務先に申告し、その他の人は確定申告をします。
   *詳細については税務署へお問い合わせください。

 

JR通勤定期乗車券の割引

  児童扶養手当又は生活保護を受けている世帯の世帯員が通勤にJRを利用している
  場合は、「資格証明書」と「購入証明書」を通勤定期券発売窓口に提出することに
  よって3割引で購入できます。

 

公営住宅の当選率の優遇

  都営住宅や兼営住宅に応募する際に、当選率の優遇制度を設けている自治体が
  あります。

 

ホームヘルプサービス

  小学生以下の子供がいる一人親家庭の親や子供が一時的な怪我や病気で家事や
  育児などの日常生活に援助が必要な時に、一定期間育児や食事の世話などを
  お手伝いするホームヘルパーを派遣してくれる制度です。

 

水道下水道料金の減免

  児童扶養手当、生活保護等の受給世帯は、申請により水道料金の基本料金と
  1ヶ月あたりの使用水量10.までにかかる従量料金と、下水道料金の1ヶ月8.以下の
  汚水排出量にかかる料金が免除されます。

 

電話設置時の優遇措置

  住民税非課税の母子家庭の母親が電話を設置する時は施設設置負担金の
  分割払いが認められています。

 

その他

  公営交通の無料バス、レジャー施設、国民宿舎などの利用料の助成などもあります。

スポンサードリンク


母子家庭や父子家庭などの一人親家庭の優遇制度の内容について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

一人親家庭の優遇制度の内容について