児童育成手当て

児童育成手当てについて

児童育成手当の支給対象となるのは、18歳未満の児童の母子(父子)家庭又は児童を扶養している法(離婚・父母の生死不明又は死亡・重度の障碍者・姻外子の扶養者)が対象となります。

 

 黄緑鉛筆マーク 児童育成手当てについての所得制限その他の条件が自治体によって異なります。
   なので、児童育成手当てについての詳細については、住民登録のある市区町村
   役所に問合せてください。

必要書類

 ・印鑑
 ・健康保険証
 ・貯金通牒
 ・州民税所得証明書
 ・戸籍謄本

スポンサードリンク


自治体の制度である児童育成手当てについて説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

児童育成手当てについて