児童手当

児童手当制度の目的

児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的にしています。
 * 資するとは?
   助けとなる。役立つ。…という意味です。(ピン!とこなかったのは私だけ?)

支給対象者

12歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童を扶養している方が受給の対象と
なります。
  *ただし、前年度(1月から5月までの月分については前々年)の所得が
   一定額以上の場合は、児童手当は支給されません。

 

受給条件

公的年金の加入者である事

手続きの仕方

児童を養育する家計の主たる生計維持者が住所地の市区町村役所(公務員は勤務先)の認定を受けることにより、申請した翌月分から支給されます。
(詳細は各市区町村役所に問いあわてください)

支給月額

赤い小さなリストマーク 3歳未満
   一律10,000円
赤い小さなリストマーク 3歳以上
   第1子・第2子→5,000円
   第3子以降  →10,000円

支払い時期

原則、毎年2月、6月、10月にそれぞれの前月分までが支給されます。

所得制限

児童手当所得制限表

    *所得額からは社会保険料や、医療費などの所得控除があります。

   原則、毎年2月、6月、10月にそれぞれの前月分までが支給されます。

スポンサードリンク


児童手当についての内容を説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

児童手当について