離婚後に生まれた子の戸籍

離婚後に生まれた子の戸籍について

夫婦が離婚して300日以内に生まれた子供は、婚姻中に懐胎(妊娠)したものと推定され
嫡出子として父親の戸籍に入ることになります。

 

赤鉛筆マーク 婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子の出生の届出の取扱いに
ついて、平成19年5月21日から下記の通り変更されています。
下向き矢印
 離婚,嫡出子,非嫡出子,嫡出,出生届,離婚後の出産,嫡出否認 「懐胎時期に関する証明書」が添付されている出生届の取扱について
    赤い小さなリストマーク 届出の受理について
     「懐胎時期に関する証明書」が添付され、その証明書の記載から推定される
     懐胎の時期の最も早い日が婚姻の解消又は取消の日より後の日である場合に
     限り民法772条の推定が及ばないものとして、母の嫡出でない子、又は後婚の
     夫を父とする嫡出子出生届が可能です。
    赤い小さなリストマーク 戸籍の記載について
     上記の届出が受理されると、子の身分事項欄には出生事項とともに、
     「民法772条の推定が及ばない」旨が記載されることとなります。

 

 離婚,嫡出子,非嫡出子,嫡出,出生届,離婚後の出産,嫡出否認 「懐胎時期に関する証明書」が添付されていない出生届の取扱いについて
    赤い小さなリストマーク 従来の通り、民法772条の推定が及ぶものとして、取り扱われることになります。
     *前婚の夫を父とする嫡出子出生届でなければ受理されません。

 

赤い星マーク 上記の取扱については、平成19年5月21日以降に出生届が出されたものについて
実施されます。既に婚姻の解消又は取消時の夫の子として記載されている戸籍の訂正については、従来の通り、裁判所の手続が必要です。

 

*民法772条
 第一項→妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
 第二項→婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは
        取消の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

 

法律用語の豆知識

「嫡出否認」の手続について

婚姻中又は離婚後300日以内に生まれた子供は、婚姻中の夫婦間にできた子(嫡出子)と
推定されるため、夫以外の男性との間に生まれた子供であっても出生届を提出すると
夫との間に生まれた子供として入籍することになります。(民法772条より)
なので、生まれてくる子、又は生まれてきた子が前夫との間の子ではない場合には
前夫が「嫡出否認」の調停を申立てます。

 

また、申立は子供が生まれたことを知ってから1年以内にしなければなりません。もし、
出生を知ってから1年経過後など、嫡出否認の申立の要件を満たさない場合でも、
親子関係不存在確認申立」によりできるケースもあります。
一度自分の子であると認めた場合には「嫡出否認」の申立はできません。

 

この調停において、当事者双方の間で、子供が夫の子供ではないという合意ができ、
家庭裁判所が必要な事実調査を行った上で、その合意が正当であると認められれば、
合意に従った審判がなされます。

申立人

 ・夫
 ・夫の成年後見人、成年後見監督人
 ・その子供のために相続権を侵害される者の他、夫の三親等内の血族(夫が子供の
 出生前又は否認の訴えを提起できる期間内に死亡したとき)

 

申立先

 ・相手方(子供又は親権を行う母)の住所地の家庭裁判所又は当事者が
  合意で定める家庭裁判所

 

申立に必要な書類

 ・申立書1通
 ・申立人の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
 ・子の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
   *出生届未了の場合、子の出生証明書写し、及び母の戸籍謄本(全部事項証明書)

 

申立に必要な費用

 ・収入印紙1200円分
 ・連絡用の郵便切手代

 

調停で認められた後の手続について

嫡出否認の調停が終わったら、戸籍訂正の申請をします。

申し出人

 ・嫡出否認の申立人 

 

申立先

 ・申請者の所在地又は子の本籍地

 

申立に必要な書類

 ・戸籍訂正申請書1通
 ・審判書の謄本及び確定証明、又は判決書謄本及び確定証明
  *本籍地以外に提出する場合には戸籍謄本1通が必要です。
  *申立人と子の戸籍が別々の場合には、それぞれの戸籍謄本が必要となります。

スポンサードリンク


離婚後に生まれた子の戸籍がどうなるのか?ということについて説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚後に生まれた子の戸籍について