子供の姓と戸籍の変更手続

子供の姓と戸籍の変更手続について

子どもは原則、結婚時の戸籍に残ります。なので子どもを自分の戸籍に入れるためには、
自分で新しく戸籍をつくらなければならないため、旧姓に戻る場合も実家の戸籍には
戻れません。

母親が親権者である場合

1.母親を筆頭者とする新しい戸籍を作る。

 

2.子供の住所地を管轄するの家庭裁判所に「子の氏変更許可申立書」を提出し、
審判の申立をします。

申立人

 ・ 子自身となります。
     *子が15歳未満の時は、その法定代理人(通常は親権者)が子の代理をします。

 

申立に必要な書類

 ・申立書
 ・申立人(子)の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
 ・父、母の戸籍謄本(全部事項証明書)各1通
  *父母が離婚している場合は、離婚の記載のあるもの

 

申立に必要な費用

 ・子供一人につき収入印紙800円
 ・連絡用の郵便切手代

 

3.子の氏の変更許可を得た後の手続について
家庭裁判所で得た、審判書謄本を添えて市区町村役所の戸籍係りに入籍の手続を
します。

 

離婚後も旧姓にもどらない場合

  婚姻によって氏を変更した場合、離婚後は原則として旧姓に戻りますが、
  離婚後3ヵ月以内、又は離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届
  出すことによって離婚前の姓を名乗ることもできます。

 

  婚姻中の姓を名乗るので子供と姓は同じですが、何度も書きますが
  婚姻中に父親を筆頭者とする子供の戸籍があったのなら、
  姓は同じでも父親の戸籍のままの状態になっています。

 

  なので、離婚後も離婚前(婚姻中の姓)の姓を名乗るとしても、
  子供の住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」
  提出しなければなりません。

母親が親権者でない場合

離婚時に親権者と監護者を別々にしている場合、父親が親権者であり、母親が監護者で
ある場合、監護者である母親には申立をすることができません。
  子供が15歳未満の場合、「子の氏変更許可」の申立は親権者でなければ行えません。
  子供が15歳以上である場合には、子供本人が自主的な判断で届出る事ができます。
 *親権者でない親が「子の氏の変更許可」を希望する場合には、親権者である父親に
  同意をして申立をしてもらわなければなりません。
  つまり、父親が同意し、申立をしてくれなければ、子供の氏を変更することは
  できません。

 

父親が同意せず、申立をしてくれない場合

  「離婚後の親権者の変更」の調停を申立、親権者の変更が認められてから、
  「子の氏の変更許可」の手続をします。

 

子供が15歳以上である場合には

  子供が15歳以上になれば、子どもが自主的な判断をし、
  父母のどちらの氏を称するかを決め、自分で「氏の変更許可」の審判を申立てることが
  できます。母が親権者でなくとも関係ありません。

スポンサードリンク


離婚後母親が親権者である場合と、親権者でない場合の手続きについて説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

子供の姓と戸籍の変更手続について