子供を取り戻す方法

子供を取り戻す方法について

家庭裁判所に「子の引渡し」を求める調停・審判を申立てるのと同時に
審判前の保全処分」の申立をします。

 

子の引渡しは,子どもにとっては生活の場所が変わることを意味しますから,
生活の場の変化が子の健全な成長に悪影響を与えないよう留意する必要があります。

 

調停手続では,子どもの年齢,性別,性格,就学の有無,生活環境等を考えて,
子どもに精神的な負担をかけることのないように十分配慮して,子どもの意向を尊重した
取決めができるように,話合いが進められます。また,子の引渡しの取決めに際しては,
子の引渡しを行う際に父母が注意する必要のある事項について裁判所側から
助言したりします。

 

話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され,
家事審判官(裁判官)が,一切の事情を考慮して,審判をすることになります。
親権者や監護者からの申立の場合、余程の事情や問題がない限り、子供の引渡しは
認められることになります。

申立人

 ・父
 ・母

 

申立先

 ・相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所

 

申立に必要な費用

 ・子供1人につき収入印紙1200円分
 ・連絡用の郵便切手代

 

申立に必要な書類

 ・申立書
 ・未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)

 

黄緑鉛筆マーク 審理のために必要な場合には、追加資料の提出が必要になることもあります。

 

 

審判前保全の説明

スポンサードリンク


離婚前に一方の親が子供を連れて行ってしまった場合や、離婚後に親権者に子供を渡さない等子供の連れ去りがあった場合の手続き方法について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

子供を取り戻す方法について