親権者が死亡した場合

親権者が死亡した場合について

親権者が死亡した場合、一方の存命している親が親権者になるわけではありません。
こういった場合には「後見人」が立てられます。
 黄緑鉛筆マーク 後見人とは?
   親権者がいない未成年の子供の財産を管理や未成年の子供の世話を意味します。

 

未成年の子供の後見人は親権者の遺言で指定されていればその者が後見人と
なります。
指定されていなければ、子供の親族や利害関係者の請求によって家庭裁判所が
後見人を選定します。
ただし、もう一方の存命している親が家庭裁判所に、親権者変更の申立を行うことは可能です。

スポンサードリンク


親権者が死亡した場合、親権はどうなるのか?ということについて説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

親権者が死亡した場合について