親権を喪失する場合

親権を喪失する場合について

親権者が親としての責任を果たさない場合には家庭裁判所への審判手続きにより
親権を喪失させることができます。

 

親権を喪失させることができるのは

現在の親権者自身に心身や経済状況に何らかの変化があり、子供の養育や教育義務を
果たせない状況にあったり、子供の暴行や虐待、子供の財産を不当に処分した時など
親としての責任を果たしていない時。

 

親権喪失の申立ができるのは?

  赤い小さなリストマーク 一方の親や親族
  赤い小さなリストマーク 検察官
  赤い小さなリストマーク 児童相談所の所長

…などが申立を行うことができます。

 

親族とは?
  親族とは配偶者、6親等以内の血族および、3親等以内の姻族

スポンサードリンク


親権を喪失する場合とはどういう場合なのか?ということについて説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

親権を喪失する場合について