離婚後の親権の変更

申立てについて

申立ができるのは?

子供の父母、祖父や祖母、おじ、おば等の親族からでも申立てられますが、子供自身に
申立ての権利はありません。
*親権者と監護者を別々に定めていた場合に、監護者の変更を申立てる場合には、
 親権者の変更と違い、父母、祖父母といった親族だけに限らず、誰でも
 申立てることができますが、子供自身に申立の権利はありません

 

申立て場所

  親権者変更調停→ 相手の住所地又は当事者が合意で定める家庭裁判所
  親権者変更審判→ 子の住所地の家庭裁判所

申立て後の手続について

申立

家庭裁判所の調査官が子供の現在の状況(教育・監護)が、子供にとって適切かどうかを
調査します。また、子供が満15歳以上の時には子供に直接意見を聞き、子供の気持ちを
尊重するようにします。

 

親権者の変更手続きについて

親権者の変更が確定したら、審判の確定または調停が成立した日から10日以内
審判書又は調停調書謄本を添えて市区町村役所の戸籍係りに届出をします。
ここまでしてやっと、子供の戸籍の身分事項欄に親権者変更の旨の記載がなされます。

スポンサードリンク


離婚後に親権を変更する場合についての手続き方法の説明をしています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚後の親権の変更について