離婚と子供の問題

離婚と子供の問題について

未成年の子供がいる場合には、離婚前に決めておかなければならないことがあります。
 赤い小さなリストマーク> 両親のどちらが親権者になるのか? ⇒ 親権者の取決め
 赤い小さなリストマーク 子供を引き取らない側の親は子供との面会をどのように行うのか⇒ 面接交渉権
 赤い小さなリストマーク 離婚後の子供の戸籍と子供が名乗る姓について⇒ 子供の戸籍と姓
 赤い小さなリストマーク 子供の養育費の支払額と支払方法について⇒ 養育費
   *養育費の詳細については、「離婚とお金の問題」にて説明

 

 

未成年の子供がいる場合には、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか
離婚前に決めておかなければなりません。
離婚届の親権者についての記入事項は必須事項なので、記載がない場合には
受理されません。

 

また、婚姻中は夫婦両方が子供の共同親権者でしたが、離婚後は夫婦どちら一方の
単独親権となります。 

 

赤い星マーク 子供の親権については基本的には夫婦の話合いで決められますが、親のエゴや
どっちが離婚原因を作ったかなどという意地の張り合いできめるべきことではありません。
冷静に考えて、どちらの親に育てられた方が、子供にとって経済的、精神的に安定した
生活環境の中で過ごせるのか?という、子供の福祉、教育などを最優先に考え、
最良の選択をされますように。

スポンサードリンク

離婚と子供の問題について


離婚後の子供に関わる、親権、子供の姓、子供の連れ去り、嫡出拒否等子供に関わる事柄について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚と子供の問題について