財産分与の対象財産について

財産分与の対象となる財産とは

婚姻期間中に夫婦が協力して築いた共有財産の全てが対象となります。
以下のものについては、名義が夫婦の一方になっていても、その財産の形成維持に
夫婦双方が貢献している場合には財産分与の対象となります。
 赤い小さなリストマーク 現金・預貯金
 赤い小さなリストマーク 株券や国債などの有価証券や投資信託
 赤い小さなリストマーク 土地や建物などの不動産
 赤い小さなリストマーク 家財道具や自動車等の動産
 赤い小さなリストマーク ゴルフ会員権
 赤い小さなリストマーク 保険・保険金
   離婚時に満期がきている生命保険は受取人がどちらであっても夫婦の共有財産に
   なりますが満期がきていない、保険料支払中の場合には解約返戻金の額を入れま

   す。
 赤い小さなリストマーク 退職金
 赤い小さなリストマーク 年金・恩給
 赤い小さなリストマーク 住宅ローンや借金などの負債
  ギャンブルや浪費によって生じた債務は財産分与の対象にはなりませんが、
  夫婦が共同生活や共有財産を取得する際に生じた債務は、夫婦共同の債務として
  財産分与の対象となります。

財産分与の対象とならない財産とは

 赤い小さなリストマーク 結婚前から有していた財産
 赤い小さなリストマーク 結婚前に貯めていた預貯金
 赤い小さなリストマーク 結婚後に父母などから相続した遺産・財産
 赤い小さなリストマーク 洋服やアクセサリー・時計・バックなど一方が日常生活で単独に使用している装飾品
   *高額な時計や宝飾品などは取得や維持に他方が寄与しているといえる場合には
    分与の対象になります。
 赤い小さなリストマーク 別居後に各々が取得した財産
 赤い小さなリストマーク 結婚前からの借金

スポンサードリンク


財産分与の対象となる財産、財産分与の対象にならない財産について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

財産分与の対象財産について