財産分与の割合

財産分与の割合について

財産の分与は、基本には夫婦の話し合いで取り決めます。
分与の算定基準は、夫婦がそれぞれが共有財産形成にどれだけ貢献したか寄与度によって割合を
きめます。貢献度というものは夫婦によってそれぞれに違うものなので、これといった
規定はありません。基本的には1/2ですが、そこから夫婦それぞれの貢献度に応じて割合を取り決めます。
金銭的な寄与以外にも家事や育児なども財産形成に貢献したと判断されます。

 

共働きの場合

   夫婦の収入の差が寄与度の差にはなりません。共働きの場合、それぞれの
   収入の額や実働時間に極端な差がある場合には、具体的な寄与度に応じて
   割合が決まります。

 

専業主婦の場合

   実際の判例での大半は3割〜5割の範囲で、家事労働が財産形成への寄与度により
   判断がなされます。5割の寄与度を認められるには、不動産などを購入した時に
   妻も現金を出していたり、妻の離婚後の生活に対しての扶養的な要素や離婚時の
   妻の年齢が高齢であったりした場合などの扶養的な要因がある時に認められる
   ケースがあります。

 

夫婦で家業に従事する場合

   共働き夫婦と同様に、財産形成の貢献度は半々とされ、財産分与は1/2と
   されるのが多くなっています。
   但し、自営業で、事業の運営が一方の手腕である場合には、一方の寄与度に
   応じた割合となります。

スポンサードリンク


離婚時における財産分与の割合について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

財産分与の割合について