第三者への慰謝料請求

第三者への慰謝料請求について

婚姻関係が破綻した原因が配偶者の不貞行為であれば、当然相手が存在し、
第三者である不貞行為をした相手(浮気相手)にも慰謝料の請求ができます。
また、配偶者の不貞行為が原因で一時婚姻関係が破綻しかけたけれども、
離婚するには至らなった場合でも、不貞相手に慰謝料を請求することができます。
  *ただし、浮気相手が既婚者だと知らなかった場合や、配偶者が独身だと
   嘘を言っていた場合には浮気相手に慰謝料の請求はできません。

 

また、婚姻関係の破綻が親族が原因であった場合には、その親族にも慰謝料の
請求ができることもあります。
  *この場合には、その時の夫婦の状態や、どういういじめであったのか?
   というようないじめの内容やいじめ方などを具体的にきちんと記録しておく
   必要があります。

 

慰謝料の申立について

直接話しあえるのであれば、話し合いをし、まとまれば内容を公正証書を作成します。
 ↓ 話し合いに応じない場合
内容証明郵便で慰謝料の請求をします。
↓ 内容証明郵便を送っても交際が終わらなかったり、話し合いがつかない場合
調停を申立てます。
 ↓
調停で話し合いがまとまった場合には調停調書が作成されます。調停調書は判決と
同じ効力があるので、相手が調停で決まったことを守らない場合には強制執行が可能です。
 ↓ 調停が不調に終わった場合
第三者への慰謝料のみを請求する場合
 第三者の住所地の簡易裁判所又は、地方裁判所に提起します。
  *訴訟の目的額による手続場所の違い
    訴訟の目的額が140万円以上⇒ 地方裁判所
    訴訟の目的額が140万円以下⇒ 簡易裁判所

スポンサードリンク


婚姻関係を破綻させた原因である夫又は妻以外の第三者への慰謝料請求について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

第三者への慰謝料請求について