慰謝料

慰謝料とは

慰謝料とは不貞や暴力などの不法行為により、精神的な苦痛を与えた者に対する
損害賠償のことです。
なので、性格の不一致や離婚の原因が夫婦双方の不倫であったりというような
一方だけの責任とはいえない場合にはお互いに慰謝料の請求をすることはできません。

 

また、不貞行為の場合は精神的苦痛を受けた配偶者は、不倫相手に対しても慰謝料の
請求をすることができます。

 

慰謝料は妻が夫にするものだと思っている人もいますが、慰謝料とは精神的苦痛を
受けた側が精神的苦痛を与えた側に請求するものなので、夫が妻の不倫で精神的な
苦痛をうけたのであれば、夫から妻に請求することもできます。

 

慰謝料には時効があります。
離婚成立から起算して3年しかなく、3年を経過すると慰謝料の請求は
できなくなるので、注意が必要です。
  *とにかく先に離婚をしたい!と離婚することだけを急ぎ、その後のことは
  おいおいに・・・なんて悠長なことを考えていると、知らない間に請求期間が
  過ぎてしまっていた・・・なんてことにもなりかねないので、できるだけ離婚の
  話し合いの時にお金に関することは決めておくようにしましょう。

 

慰謝料を受取るためのアドバイス

スポンサードリンク

慰謝料について

慰謝料の金額について
慰謝料の金額や支払方法についての決まりはありません。決まりはありませんが、金額を決定するおおよその要素としては下記のような項目を考慮して金額が算定されます。   相手の行為によって受けた精神的苦痛の度合い   婚姻期間中に夫婦で築いた財産の額や当事者の社会的地位、経済力   結婚期間や別居期間   当事者の年齢   子供の有無  *慰謝料を請求する側にも責任の一端がある場合には減額されることもあります。有名人や芸能人の離婚報道で高額な慰謝料が取り沙汰される事がありますが、実際の慰謝料の支払では、...
慰謝料の請求について
離婚の際に一番先に行われるのが双方の話し合いによる協議離婚ですが、夫婦双方の話合いではまとまらない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申立てます。その離婚調停の中で慰謝料についても話し合いをします。と、同時に財産分与についても話し合うことができます。調停が不成立に終わった場合、離婚訴訟と併せて慰謝料の請求を行う場合は家庭裁判所で審理できるようになりました。また、離婚後に慰謝料について当事者間の話し合いがまとまらない場合や話し合いができない場合には、家庭裁判所の調停手続を利用することができます。申立人...
慰謝料の支払が滞った時について
慰謝料の支払いが滞った時も養育費の支払いが滞った時と同じでまずは電話又は手紙でなどで催促をしましょう。それでも応じない場合は、内容証明郵便で催促をします。 内容証明郵便とは?   いつ   だれが   どこに   どんな内容の手紙を送ったのか     ということを証明してくれるものです。 *ただし、内容証明郵便には書き方があるので注意が必要です。 文具店に行けば内容証明郵便専用の用紙が書き方の説明付で売られています。 そういったものを利用するのもいいですが、行政書士に依頼する方が いいかもしれま...
夫婦関係が破綻した後の不貞行為について
婚姻相手が不貞をはたらいたからといって必ずしも慰謝料の請求ができるということにはなりません。どういうことか?・・・というと 夫婦関係が破綻し、実質上夫婦としての関係が全くない状態で婚姻相手が浮気や 愛人を作ったとしても、それがイコール離婚原因とはならないからです。 ただし、それを理由として主張するのであれば、不貞をはたらく前に夫婦関係が 破綻していたということを証明する必要はあります。
第三者への慰謝料請求について
婚姻関係が破綻した原因が配偶者の不貞行為であれば、当然相手が存在し、第三者である不貞行為をした相手(浮気相手)にも慰謝料の請求ができます。また、配偶者の不貞行為が原因で一時婚姻関係が破綻しかけたけれども、離婚するには至らなった場合でも、不貞相手に慰謝料を請求することができます。  *ただし、浮気相手が既婚者だと知らなかった場合や、配偶者が独身だと   嘘を言っていた場合には浮気相手に慰謝料の請求はできません。また、婚姻関係の破綻が親族が原因であった場合には、その親族にも慰謝料の請求ができることも...

離婚時の慰謝料の金額、請求方法について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

慰謝料について