離婚訴訟の流れ

離婚訴訟の流れについて

訴訟の申立から判決まで最低1年かかります

感情のこじれや意地もあるので、一審の家庭裁判所で敗れた方は二審の高等裁判所に
控訴して争い、さらに上告して最高裁判所で争うこともあります。
裁判が長期化する可能性もあるので、精神的にも経済的にも覚悟が必要です。
離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 訴えの提起
裁判所に「離婚請求の訴状」を提出

離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 裁判所は訴状を受取ると、第一回目の口頭弁論期日を定め、相手方に訴状を送達します。
被告は訴状が送られてきたら、指定の期日までに裁判所と原告又はその代理人に
答弁書」を送り、呼出し状に記載された期日に、裁判所に出頭しなければなりません
ただ、第一回目は被告の都合を聞かずに決められているため、答弁書の送付だけで
欠席することが可能です。
 *原告の訴状に対して、被告が答弁書の提出もなく、期日に理由もなく欠席すると
  原告の主張を認めたとみなされ、欠席判決で負けてしまうこともあります。
 *答弁書には訴状の内容を認めるか認めないかを明示し、認めない時にはその理由を
  記載します。(被告の場合も記載見本を見るとわかるのですが、書けばいいという

  ものではないので、答弁書の段階から弁護士に依頼した方がいいです。)

離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 法定では双方が準備した訴状と答弁書より言い分を主張
裁判所が離婚原因の争点の整理・検証し、夫婦それぞれに反論があれば提出するように
指導します。
自分で集めた言い分を裏付ける証拠書類や本人尋問・証人尋問によって立証します。
 *訴訟の審理は1ヶ月に1回のペースで行われ、審理を尽くしたところで判決となる。
 *訴訟の途中で裁判官が判決によるものではなく、「和解」による離婚を勧めることが
  あります。これを「和解勧告」といい「和解調書」の作成により離婚が進められます。
  必ず判決で決着をつけなくてもよい。和解勧告に応じるか?応じないかは自由。

離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 判決
裁判での争点が整理され、証拠が提出され、証人尋問・本人尋問が終わったら
判決がくだされます。

 *離婚を容認・棄却するかの結論と理由が判決書には書かれています。
原告勝訴の場合の説明

離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 離婚の判決が出されて、相手方も控訴せず控訴期間(2週間)が経過して判決が確定する。
 *原告勝訴の場合、被告がその判決に不服があれば、判決書の送達を受取った時から
  2週間以内に高等裁判所に控訴します。
 *被告が控訴しないまま2週間経過すると、被告は判決に対する不服申立ができなくなり
  判決が確定します。

離婚,裁判離婚,離婚裁判,離婚訴訟,離婚請求,判決 判定確定後
判決で離婚が成立してから10日以内に離婚の訴訟を申立人が住所地の市区町村役場に
下記書類を提出します。
10日以内に届出しないと、過料の対象となります。
  ・離婚届1通(証人欄の記入は不要)
  ・戸籍謄本1通
   (または戸籍全部事項証明書→本籍地市区町村役場に届出する時は不要)

  ・判決書謄本および、判決確定証明書

証拠の立証について

離婚請求は主張するだけでは認められません。
証拠裁判主義が大原則ですので、訴えを起こした側が法定離婚原因を
立証しなければ、離婚請求が認められないこともあります。
証拠書類を集めて、必要であれば証人にも出廷してもらい、破綻にいたる
有責性など主張事実を客観的に立証しなければなりません。
 赤い小さなリストマーク 探偵社・調査会社の報告書
 赤い小さなリストマーク 不貞行為を認める手紙やメモ・日記・領収書など
 赤い小さなリストマーク 原告が精神的苦痛や暴力を受けた事を証明する診断書
 赤い小さなリストマーク 被告が暴力をふるった後の破損した物や破られた衣類の写真
 赤い小さなリストマーク 財産分与の対象となる不動産登記謄本・銀行預金通帳・生命保険契約書など

 

自分で不貞の証拠を集めようとしても、手段・方法によっては法律違反を犯して
いることもあり、証拠能力が問題になる可能性も高く、裁判所への提出ができなく
なってしまいます。なので、調査力のある探偵社・興信所に相談・依頼した方が
賢明です。

スポンサードリンク


離婚訴訟を起こしてから、結審されるまでの流れを説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

離婚訴訟の流れについて