審判に不服の場合

審判に不服の場合

赤い小さなリストマーク 裁判所が成立させた離婚に不服がある場合、審判告知より2週間以内に
  家庭裁判所に異議を申し立てる事が出来ます。
赤い小さなリストマーク 異議申立がある時は、その審判は効力を失います。
赤い小さなリストマーク 異議の申立てには、夫婦のどちらか一方が審判に対する異議申立書に署名捺印し、
  審判書の謄本を添えて審判を下した家庭裁判所に提出します。
赤い小さなリストマーク 異議申立に理由は必要ありません。

 

スポンサードリンク


裁判所が職権で成立させた審判に不服の場合の手続き方法について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

審判に不服の場合について