審判離婚

審判離婚とは

調停委員による離婚調停が進んでいく中で、当事者間にわずかな意見の相違があって
調停離婚で合意に達しなかった場合、家庭裁判所が調停委員の意見を聞き、
職権により離婚の処分をすることができる制度です。
 *家庭裁判所が審判をするのは、調停委員会の意見を参考にし、離婚した方が
  夫婦双方のためであると家庭裁判所が判断した場合です。 

 

調停に代わるこの審判では、慰謝料・養育費・財産分与・親権者・監護者の指定などを
同時に命じることができます。
審判には判決と同様の効力があるので、不履行の場合は強制執行ができます。
異議申立がない時は、この審判は確定判決と同一の効力を有します。

審判離婚の流れ

夫婦双方の話合い不成立

家庭裁判所へ調停を申立て

調停で話合い

調停る成立

裁判所による離婚の審判
(2週間以内に当事者から異議申立がない)

離婚届の作成

離婚届を提出

受理


離婚成立

スポンサードリンク

審判離婚について

審判に不服の場合について
裁判所が成立させた離婚に不服がある場合、審判告知より2週間以内に  家庭裁判所に異議を申し立てる事が出来ます。 異議申立がある時は、その審判は効力を失います。 異議の申立てには、夫婦のどちらか一方が審判に対する異議申立書に署名捺印し、  審判書の謄本を添えて審判を下した家庭裁判所に提出します。 異議申立に理由は必要ありません。
審判離婚の成立について
審判離婚の場合、審判の確定と同時に離婚が成立します。審判での離婚確定の日から10日以内に申立人は本籍地あるいは住所地の市区町村役所に離婚届を提出する必要があります。必要な書類  ・離婚届(相手方と証人の署名捺印は必要ありません)  ・審判書謄本  ・審判確定証明書(⇒家庭裁判所に発行申請する)  ・戸籍謄本   (申立人の本籍以外の役所に提出する場合は夫婦の戸籍謄本が必要です)

女性の立場にたった審判離婚の手続きとすすめ方について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

審判離婚について