法的な措置について

法的な措置について

配偶者からの暴力を受けている妻や子が、これ以上同居を続けると、身体または生命がさらに危険な状態にさらされるおそれが大きいときには、法的手続きによる保護を求めましょう。DV防止法に規定されている被害者を保護する『保護命令制度』には、「接近禁止命令」と「退去命令」の2種類があります。

 

 

接近禁止命令について

加害者が6ヶ月間、被害者(被害者と同居の未成年の子供を含む)へのつきまといや被害者の住居、勤務先等の近くをはいかいすることを禁止する命令です。

 

退去命令について

被害者と配偶者が生活の本拠を共にする場合、2ヶ月間、加害者に同居している家から退去及び住居の付近のはいかいの禁止を命ずる命令。

 

保護命令に違反した場合は?

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

 

*保護命令は事実婚の場合や離婚後の元配偶者に対しても申立ができるので、離婚後の暴力が心配であったり、子供を連れ去られることが危惧される場合には、申立てをします。

 

保護命令の申立方法

申立先
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 相手方か申立人の住所地、暴力が行われた場所のいずれかの地方裁判所

 

必要書類
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 申立書
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 夫婦の戸籍謄本、住民票
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 暴力を証明する医師の診断書や写真、録音テープ等
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 手数料1,000円、連絡用郵便切手代

 

*事前に警察や配偶者相談支援センターに相談していない場合は、公証役場に出向き、「公証人面前宣誓供述書」という書類を作って提出する必要があります。

 

保護命令申立について

申立書には以下の項目を記入し、地方裁判所に提出します。
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 申立人と相手方の住所、氏名
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 申立の趣旨
「接近禁止命令」「退去命令」のいずれかを選択する
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 暴力の状況
日時・場所・経緯・暴力の内容・ケガの状況など
ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 自分や家族の心身に危険が及ぶと思われる状況の説明、いずれかの保護命令を発令する必要があると認めるに足りる申立の時における事情についての説明

 

ドメスティックバイオレンス,裁判所,保護命令,接近禁止命令,退去命令,裁判所 申立 警察や配偶者相談支援センターへの相談の経緯、内容など
    ↓
地方裁判所では口頭弁論または相手方が立ち会うことができる審尋などんお期日を決定し、当時者の意見をきくなどし、保護命令発令をします。

スポンサードリンク


ドメスティックバイオレンスの法的措置について説明しています。

Copyright (C) 2014 女性の為の離婚の手引 All Rights Reserved.

法的な措置について